カブトムシ 幼虫 マットなら何でも揃う携帯メガショップ

TOP > カブトムシの産卵・幼虫飼育幼虫の餌(えさ)に店長オススメ昆虫マット!!《違いを体感してください》10年間の数えきれない開発実績のビートル発酵マット新作バージョン 完熟マット10L 《研究開発実績&生産工場》直販の底力カブト虫幼虫のエサ

カブトムシの産卵・幼虫飼育幼虫の餌(えさ)に店長オススメ昆虫マット!!《違いを体感してください》10年間の数えきれない開発実績のビートル発酵マット新作バージョン 完熟マット10L 《研究開発実績&生産工場》直販の底力カブト虫幼虫のエサ

容量:10L 国産・外国産カブトムシの産卵・幼虫飼育に絶対の自信!! ビン(瓶)PPボトルへの 詰め替え動画はコチラ 完熟マット50Lはコチラ! 数えきれない飼育テストを自社で繰り返 し原料(オガ・おがくず)を厳選して製造 したのがクワガタ天国で販売する月夜野 きのこ園製『完熟Mat』です。

ビートルマットとして初心者の方から プロブリーダーの方までお使いいただ いております。

扱いやすく高性能!!さらに自社製造 による驚愕のコストパフォーマンス!! ビートルマット・かぶとむしマットの 決定版!! 国産・外国産カブトムシの産卵・幼虫 飼育にチャレンジしているみなさん! 是非1度、お試しください!! 到着時に熱を持っている場合や 強い発酵臭が出る場合が御座いますが、 それらの場合衣装ケースなどに移し代 え1日程度管理し熱、又は強い発酵臭を取ってから使用ください。

《再発酵しやすい条件》 ・大きいケース ・加水の水分が多い ・飼育環境の気温が高い 以上の事に気をつけて飼育する場所に 3日程度管理し発熱していないか確認 してから幼虫を入れて下さい。

※製造過程上、稀に小石などの混入 する事がございます。

ご使用には 問題は御座いませんが、念の為 ご使用の際には一袋づつ開け小石 などを取り除いてからご使用くだ さいますようお願い致します。

(土に近い状態の昆虫マット)カブトムシ幼虫飼育用発酵マット(ビートルマット) 国産カブトムシから外国産カブトムシの幼虫飼育に絶対の自信! ■発酵マットの保存 発酵マットの保存は冷暗所で行い保管期間は2〜3ヶ月を目安にしてください。

保管環境にもよりますが長期保管をいたしますと強い発酵臭が発生いたします。

また、保管場所(地面に直接置いたりなど)しますと雑虫が混入する場合がございますのでご注意ください。

弊社の保管テストでは悪条件の中、1年保管し、ガス抜き・加水作業をし使用しましたが問題なく使用が可能でした。

ただし、保管中は悪臭が発生したり見た目も悪くあまりお勧めできる物ではございません。

なるべくお早めのご使用をお勧めいたします。

▼発酵マットに発生するカビのような物について   発酵マットに発生いたしますクモの巣、植物の根のような菌は、しばしば発生いたしますが幼虫にとって有害な物ではございませんのでご安心ください。

保管中や幼虫飼育中、産卵セット中にも発生する事がございますが通常通りご使用いただけます。

■発酵マットの再発酵について 発酵マットは「容器の大きさ」 「管理温度」 「発酵マットの熟度」などにより再発酵しやすくなったり、しにくくなったりします。

飼育中や産卵セット中に再発酵しますと幼虫や卵が死んでしまう恐れが ありますので下記の項目を参考にして再発酵が無いようにご注意ください。

▼容器の大きさ 発酵マットの体積が大きくなると再発酵しやすくなります。

大型のケースを使用する場合には温度管理にご注意ください。

(特に夏場) 産卵セットの時は容積を大きくした方が産卵数が伸びる傾向にありますが、セットに親虫を入れる前にセット環境と同じ場所で3日程度管理し再発酵がないのを確認してから親虫を入れてください。

▼管理温度 管理温度が高くなると再発酵しやすくなります。

特に大型のケースを使用する場合には管理温度を25℃以上にならないように管理してください。

▼発酵マットの熟度 発酵マットの特性(熟度)によって再発酵しやすさが違ってきます。

黒色の熟度の高い発酵マットは再発酵しにくく、茶色の熟度の浅い発酵マットは再発酵しやすくなります。

■再発酵してしまったら 発酵マットが再発酵し発熱してしまった場合には一度つめた容器から衣装ケースや新聞紙などに出して薄く広げ熱を冷ましてから再度、容器に詰め替えてください。

その際、詰替える容器の大きさを小さくしたり、管理温度を低くして、再発酵が無いように対策し再度、飼育環境と同じ場所で3日程度管理して発熱が無い事を確認してからご使用ください。

有難うございます。

おかげさまで完熟マット10L 楽天ランキング 1位獲得!!

楽天で購入758円(税込み)